でこぼこーど 凸凹のKAKA

年の差姉妹の子育て中 大人adhd主婦の自分らしさと幸せさがしのブログ

なぜ断ることに罪悪感を感じるのか? 支配されることに慣れてしまっていた自分との決別

4月に始めたこのブログ。

最初に書いたのが人間関係断捨離についてのことでした。

 

ママ友関係の断捨離をする決意をして、

心の距離と現実的な距離を置き、

ひとりの時間を増やしました。

 

人間関係の断捨離から1ヶ月が経ち、

距離をおいたからこそ気が付いたことがたくさんあったので報告します!

 

先に結論を書くと、断捨離を決断して後悔やストレスは驚くほどゼロでした!

f:id:decobocode:20190809015154j:image

誘いを断る罪悪感を克服する方法

 

断ること。

 

これが、最初にわたしが超えなければいけないハードルでした。

 

 

今まで『誘いを断る』・『頼まれごとを断る』

ことは、私にとって罪悪感を感じるしんどいコトでした。

 

 

断る理由を考えたり、

モヤモヤと罪悪感を抱えるくらいなら、

 

断らない

 

という選択の方がラクだといつからか思い込んでしまっていたようです。

 

 

人間関係の断捨離を決意してからは、

意識的に断ることに向き合いました。

 

 

今までのように、断る理由をつけてごまかしたり、

 

すぐに返事できずに数時間モヤモヤと先延ばしにするのをやめました。

 

 

 

罪悪感が姿を現しそうな時は、

この言葉を頭の中で呪文のように繰り返しました。

 

 私が目指してる目的は距離を置くこと!

 

不快にさせても嫌われてもいい!

 

嫌われることが離れるための近道!

 

自分を不快にする人に気遣いしなくていい!

 

自分が気遣いしてるほど相手はなんとも思っていない!

 

断ることは悪いことじゃない!

 

そして、

深呼吸をして、

 

『ありがとう。今回はパスします!』

 

『ひとりで行くから他の人を誘ってみて!』

 

と、ど直球で理由もなく断る‼︎

ということを意識的にやりました。

 

 

意識的に理由をつけず断ることを実践してみたらこうなった

意識的に断る作業をやってみて、

その結果は、

 

 

気持ちが楽になりました。

 

 

断る理由を何時間も考えるより、

 

KAKAの空いてる日に合わせるよと、日にちの変更を提案されて断れなくなってしまうより、

 

スッパリと行かないと言えた後は、こんなにも気持ちがラクなんだと実感しました。

 

断ってしまえば、

もう、悩んだり考えたりすることから解放されて、そのあとは身も心も自由です。

 

どうせ断るなら、

間髪入れずにソッコーで!

 

 

下手に理由をつけたら、

いろいろ突っ込まれたり、

予定を変更して合わせてくれたり、

どんどん話がややこしくなります!

 

断る時は、

理由をわざわざ言う必要はありません。

 

合言葉は、

キッパリとスッパリと!

 

 

 

 

人の機嫌に振り回される、争うより我慢を選んでしまうのは何故だろう?

断捨離を固く決意させるほどのあの出来事がなければ、きっとその場の罪悪感に負けて、ずっと気付かずに過ごしていたかもしれない、、、

 

そして新しい疑問が現れました。

 

今まで、どうして断れなかったんだろう?

 

ということ。

 

不機嫌にされると居心地が悪くなって、相手に主導権を手渡してしまうのはなぜなんだろう?

 

 

わたしは、独裁国家のような家庭環境で育ちました。

 

親の名誉の為に付け加えると、暴力や虐待をされたことはありません。

 

ただ、父親の言うことは絶対という支配的な家庭でした。

 

愛情がなかったのではなく、

愛情の表し方間違った方向に偏っていた。

 

家族を所有物として思い通りに支配してコントロールするのは当たり前だという考えで、

個人の意見や、考えや、判断や、自由や権利はことごとく制限されていた。

 

厳しい親だとは感じていたけれど、実際には社会に出て、自分の家庭を持つまではその異常性には気がついていなかった。

 

 

もうひとつ、わたしには歳の近い姉がいた。

小さい頃の年の差は、とても大きな差に思える。

 

小さな頃は、大人や年上の人の言うことは正しくて、従わなければいけないのだと漠然と感じていた。

 

姉から支配的な扱いを受けることにも、当たり前のことだと思っていた。

今から思えば、ひとつふたつの年の差は、途中で逆転する程度のもので、

姉は抜かされたくないという恐怖とか、

姉の威厳を保つ為のマウンティングとか、

そんな想いがあったかもしれないとおもう。

自分のほうが勝ってしまうと、

そのあと手痛い仕返しや嫌がらせをされると気がついてからは、無意識に追い抜くことや言い負かすことを避けるようにしてきたのだと自覚したのは大人になってからのことだった。

 

 

 

離れることで初めて見えたこと

近くにいることで見えなくなっていた(というより、見ないふりをしてごまかしていた⁇)様々なことがハッキリと見えてきたことで、

渦中にいるときには見えないことがたくさんあるんだなと改めて感じます。

その狭い場所が世界の全てのように感じてしまって広い視野で見ることができなくなる、、、

 

恋をしている人が盲目になったり、

カルト教団に入信した人が正しいこととと信じて罪を犯したり、

イジメを受けて自分は価値のない人間だと自信をなくしてしまったり、

DVや虐待を受け続けた人が、自分が悪かったせいだと自分をせめたり、、、

周りから見ればナゼ???と首をかしげるような事でも、

渦中にいる人には正常な判断ができないことがある。

 

周りの人は、逃げればいいのに!って、思うかもしれない。

でも、きっと逃げ出すのは簡単じゃない。

本人は気が付かないうちに、ゆっくりと時間をかけてマインドコントロールされてしまっているから。

マウンティングされて、

無価値化されて、

自信を喪失させられて、

コントロールされて、

支配されて、

自分で判断することすらう奪われてしまっているから。

 

友達関係でも、知らない間にこの罠にハマっていることがある、、、と。

 

 

 

コントロールしようとする支配的な友達

友達、、、、だと思っている人の中にも、そんな人がいるようです。

支配して思い通りにコントロールしようとする人。

初めはそんなそぶりは見せないし、人当たりのいい印象のこともある。

他の人の前では良い人の仮面を被っていて、相手によって見せる自分を使い分けている。

いちど友達になってしまうと、アレ?!っと気持ちがざわつくことがあっても、

きっと悪気があるわけじゃないと、目をそらしてしまう。

 

そして、そんな支配欲のある人ほど、

私のようなお人好しを嗅ぎ分ける嗅覚を持っていると感じます。

私の人間関係の癖は、

  1. 譲る
  2. 折れる
  3. 負けておく
  4. 相手に花を持たせる
  5. 主導権を放棄する

家庭環境の中で余計な被害を避けるために身につけてしまったものを、見事に嗅ぎ分けて利用してくる人。

 

Mさんもまさにコレでした。〇〇やめたら 楽になった話。人間関係にも断捨離が必要です。 - でこぼこーど 凸凹のKAKA

 

今の私とは合わない人達

今でこそ、実家を出てから何年もたち、

子供達を育てながらたくさんの親子と出会い、

家庭を持つ前の自分より成長しているはずです。

人を見る目も、

自分への自信も、

判断基準も、

今はちゃんと持っている。

 

Mさんを含め、

私がまだ親の価値観から抜け出せていない頃に出会った古い友達、、、

支配されることを良しとしていた自分が築いた友達関係は、今の私にはもう必要のないものだったと今回気づくことができました。

KAKA

にほんブログ村 子育てブログ 年の差兄弟・姉妹へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村