でこぼこーど 凸凹のKAKA

子育て、じぶん育て、ときどきADHD、雑記ブログ

昭和生まれ父さんの苦悩、、、

苦悩する40代、50代のお父さん

昭和生まれの40代、50代は、

世間の流れの狭間で苦しんでるなぁと感じる。

仕事 疲れた お父さん 悩み

ぱくたそ(www.pakutaso.com)

例えば、うちの旦那さんも。

仕事人間がアタリマエの時代に育って、

仕事とはこういうものだと教えられてきた。

 

それが、急に世間の流れが変わりはじめて、

今の若者世代には、通用しないことばかり。

昭和アタリマエ!の上司と、

昭和の考え古いでしょ!!の部下の、

間に挟まれてずっと苦悩しているように見える。

 

数年前までは、

昭和のアタリマエを押し通そうとしてきた旦那さんは、

時代の流れの中で、

事あるごとに変わることを求められ続けた。

部下に昭和の考えを押し付けちゃいけない。

コンプライアンスが、、、

勤怠が、、、

就業時間が、、、

 

だけど、うえは昭和のままだから。

時代の流れを取り入れつつ、今まで通りの結果だけは求められる。

文字通りの板挟み、、、、

 

変われないことへの苦悩

自分自身も今まで通りの仕事人間でいることは認められない。

さすがに、時代の流れが変わっていることもわかっている。

でも、

わかっていても辞められない。

わかっていても変えられない。

だから苦しい。

 

昭和生まれのノリのまま、定年を迎えられた

ひとつうえの世代は、

大変ながらでも、報われた人生だったんだろうなとおもう。

 

今まで通りも認められない。

変わることもできない。

そして、

全てを辞めて投げ出すことも自分に許してあげられない。

いったいどうすれば楽になれるんだろうか、、、?

 

辞めることは悪なのか?

私たちの時代は、途中でやめることは悪だった。

全て根性で乗り越えられると教えられてきた。

学生時代の部活は休みなんてなかったし、

炎天下の練習でぶっ倒れても誰も気にもしてくれなかった。

飲みたい時に水分をとることすら認められない時代だった。

 

今更どうやって変わったらいいのかわからないのも当然だなと思う。

 

変わることも、

辞めることも、

悪ではないのに。

 

根性なしは、どっち?

途中でやめるのは根性がないと言われて育った時代の私たち。

 

辞めることができずに、

しがみついて、

惰性で続けてゆくことと、

 

勇気を出して、

全てを捨てて、

自分自身の人生を取り戻すことと、

 

どちらが根性なしなんだろう?

 

わたしは自分の人生を取り戻す手助けをしたい!

妻のわたしも、

昭和生まれの40代だから旦那の気持ちはよくわかる。

 

だけど、

平成生まれを0歳から育てながら世の中と関わってきたわたしは、

平成生まれの感覚もまた、

よくわかる。

 

ゼロから、

子供の成長とともに学んできた平成母としてのKAKAはもう14歳になっている。

 

旦那さんのためにわたしがしてあげられることは何だろう?

「いつでも仕事辞めていいよ!」

「なんとかなるさ!」

を、ジョーダン混じりにちりばめるくらいしかできない。

しかも、専業主婦のわたしの言葉に説得力なさすぎる、、、。

 

それでも、

『わたしは家族の健康と家族の楽しい時間がまず最優先!!!

それ以外は全て二の次!三の次!!!』

と、事あるごとに伝えるようにしている。

 

辞める勇気がでるように、

いつも心で応援している。

最後に決断するのは旦那さん本人だから。

 

子ども達には辞めることは悪ではないと教えたい

昭和ガチガチの親から育てられた

昭和っ子のKAKAと旦那さんだから、

 

子ども達には、幸せへの近道を教えてあげたい!

まずは自分が幸せでいること。

そのことに、罪悪感なんて持たなくてもいいんだよと。

www.decoboco.me

KAKA