でこぼこーど 凸凹のKAKA

子育て、じぶん育て、ときどきADHD、雑記ブログ

人生が新しいステージに変わる合図

f:id:decobocode:20190704114801j:image

人生が新しいステージに変わる合図があると聞いたことがありますか?

いままでいた場所や人に違和感を感じはじめる

 

今まで長く深く付き合ってきた人から卒業するような出来事がおきる

 

今まで付き合ってきた友達と関係がきれてゆく

 

それまでの生活の大半を占めていたもの(例えば、仕事や、家族や、それまで自分が属していた場所を。)を失う

 

怪我や病気で 無理矢理にでも人生の方向転換や休止をしなければならない状況になる

 

こんなことがおき始めると、人生の底に落ちてしまったような気持ちになるけれど、

それこそが 人生が好転する新しいステージが始まる合図だよと。

その合図を見逃してはいけないよ、、、と。

 

 

私に訪れた合図

昨年に突如訪れた周りの人間関係の不和。

どんどんと私の周りの人間関係のバランスが崩れてゆく。

そして私の心の平和のバランスも、、、。

身の回りの環境への違和感がごまかせないほどに膨らんだ昨年の10月〜11月頃。

 

あらゆるところで目にするようになったこの言葉。

それは、人生が新しいステージに変わる合図です。

 

少しずつニュアンスを変え、

伝える場所を変え、

伝える人を変え、

何度も何度も私に届いたこの言葉。

 

そこはあなたのいる場所じゃないよ。

早く気が付いて!って伝えているみたいに。

 

年が明けて3月ごろまで、自分の殻にこもって過ごした。

 

そして、4月になり突然私の中で全てが吹っ切れた。

全て捨ててしまおう。

ぜんぶ手放してリセットしよう、、、と。

新しい世界へ飛び出すことにした。

 

私にとっては日常の大半を占めていたママ友とのつながり

それまでのわたしの毎日は、子育てが中心でした。

地域密着で保護者の関わりも深い公立の幼稚園を選んでいたから。

 

私が住んでいる地域は子供がとても多い地域で、バスで通う私立の幼稚園は数え切れないほど。ほとんどの子が私立の園へ通います。

長女の時とは子育てへの考え方も少しずつかわっていた私は、あえて公立の幼稚園を選びました。

 

だから私の日常は、手作りのお弁当を持たせて、幼稚園への送り迎え、そのまま園庭開放で遊ぶ子供達を見守り、休みの日には公園へ集合して遊ぶ、、、そんなふうに子供とママ友関係が生活の大半を占めていました。

 

ありがたいことに、今までの子育て期間のあいだ人間関係のトラブルに巻き込まれることはほとんどなく、恵まれた環境でのんびりと子育てをしてきた私。

 

思ったとおり、公立の幼稚園でののびのびとした日々は娘にも私にも沢山の学びと成長を与えてくれる宝物のような日々でした。

 

  1. 園庭でのびのびと遊ぶ自由な時間が多い。
  2. 園の方針で、運動会も発表会も子供たちが主体となり話し合って決める。完成度よりも、子供たちが話合い考える過程を大切にしてくれる。
  3. 縦割り保育で、異年齢が同じクラスに。年長さんへの憧れを1年かけて育み、年長さんになった時には年下の子に頼られてお世話するという素晴らしい心の成長につながった。
  4. 親同士がつながり、一緒に子供たちの遊んでいる様子を直接みながら見守ることができることで、たくさんの学びがあった。

 

幼稚園で出会った先生方や、娘のお友達やママ達には今でも感謝しかありません。

 

トラブルの発端

発端は、わたしのママ友関係の中に突然飛び入り参加となった、あるひとりのママからでした。

このブログを始めるちょうど1年前、そのMさんからはじまる人間関係のトラブルに巻き込まれた私。

 

これまで通り、我慢して、呑み込んで、諦めて、ゆずって、、、、今までの自分が知っていたやり方で対処しようとしていた私に、気付けとばかりにどんどん苦しみは増していくばかり。

いまから思えば、この方法でも平和な子育ての日常を過ごせていたのは、周りのママさんに恵まれていただけなのかもしれません。

 

そんなことを繰り返しているうちに、コップの水があふれるように苦しみや悲しみや怒りや無力感や、そんな想いがあふれて止まらなくなってしまったのです。

 

あんなに居心地がよくて、一緒に子育てをする仲間達と思っていたわたしの居場所に、違和感を感じてしまうのはなぜだろう、、、

もう全部やめてリセットしたいな。

と思い始めた年末。

 

あらゆるところで目にするようになったこの言葉。

それは、人生が新しいステージに変わる合図です。

 

私のあたらしいステージ

年が明けてから、静かに自分の殻にこもり過ごしていた私の気持ちが、4月になる頃には突然切り替わりました。

 

いま起きていることは、大切なメッセージかもしれない。

 

人生のステージが変わる時なのかもしれない。

 

勇気を出して一歩を踏み出してみよう!

 

と、、、。

 

人生が新しいステージに変わる合図

この言葉に背中を押されて、

全てを捨ててリセットして、

新しい世界へ飛び出した私。

 

これからどんなところへ行って、

どんな人たちと出会って、

どんなことを見つけるんだろう♡

この道はどこへつながっているんだろう♡

 

不思議と今は、わくわくの気持ちしかない。

後悔も、誰かを責める気持ちも、Mさんのせいでこうなったという恨みさえ手放すことができた。

これで良かったんだと自信をもって言える。

 

全ては初めから決まっていたの?

あんなにバッサリと関係を切った私。

私はすっきりしているけれど、言い訳や説明をしなかったことでモヤモヤを抱えたままの人もいるかもしれない。

 

私が直感でつながっていたいと思った人とは、なぜか個人的にちゃんと話しができるタイミングとつながりがあった。

 

本心が見えず、ちゃんと話し合えないまま関係を切ってしまった人とも、わかりあえるはずの縁がある人とは、時間をおいてもう一度 個別に話し合う機会が巡ってきている。

 

あの時は、非情に切り捨てて前へ進むために、私にとって必要な誤解だったのかもしれない。

 

それくらいのことがないと、切ることができない腐れ縁もあったのだと思う。

 

全ては初めからつながっているなかなぁ、、、と思うこの頃。

 

あとモヤモヤはこれくらいだな

ひとつだけモヤモヤが解消できないことがあるとしたらこれ。

 

Mさん。もう、私の人生には踏み込まないで別の道を歩いてください。

どうか、うちの旦那になついてくるのは勘弁して、、、(;´д`)

もう一切関わりたくありません。

器が小さくてゴメンナサイね。

そこんとこヨロシクよろしく( ̄3 ̄)〜♪

KAKA