でこぼこーど

おうち大好き専業主婦の育児と犬とスピリチュアルの日常と時々イラスト♡自分らしさを思い出す人生の旅

神は問うものであり、運命は神からの質問だ。その答えは、、、

韓国ドラマ『トッケビ』

 神は問うものであり
運命は神からの質問だ。

この言葉、韓国ドラマ『トッケビ』のなかで、神の台詞として出てきた言葉です。

人生でおこる不都合なことや不運と感じることを、「神の意志だ」とか「神のいたずら」だと言う人間たちに、あきれたように神がいうのです。
私の意志ではなく、自らが望んだことだ、、、と。

 

そして、

神は問うものであり

運命とは神からの質問である。

答えは自らで求めよ

、、、、、と。

 

これ、聞いたときに鳥肌が立ちました。

この言葉を聞いて、
そうなんだな、、、。
そういうことだったんだな、、、。
と、妙に納得して腑に落ちる感覚がありました。

 

神様は、
答えを与えてくれる存在ではなく
問いを投げかける存在だということ。

 

答えは、
神に求めるものではなく
自分自身で見つけるものだということ。

 

 

目の前におこる出来事は
神様からわたしたちへの問いかけでしかない。

 

 

目の前の嫌な人も。
目の前で起こった苦しい現実も。
私たちにただ問いかけているだけ。

 

その出来事から、
何を感じる?
何を学ぶ?
何を選ぶ?
何を求める?
この問いにどうこたえる?、、、と。

 

ちなみに、
このドラマのなかでは、
身近な誰かに宿った神様が
さりげなくメッセージを伝える、、、
そんなシーンが何度かでてきます。

 

きっと、これ現実にも起こっている気がする、、、

 

 

神様の問いかけに不正解はない。

神様からの問いに答えるって???
どうやって答えるのよ!!!って思いますよね。

 

めっちゃ個人的に自分が思うことやけど、、、

 

目の前の現実から
感じ、学び、自分で選び
求めるものに意識を向けること
、、、なんじゃないかな?
と思っています。


自分の選ぶ道や
求める未来を心に決めること。


自分の目指すゴールを
明確に意識すること。


それが神様からの問いに答えるということなのかな、、、と。

 

答えに正解も不正解もきっとなくて、、、、

 

神様が求めているのは、
ただ自分で答えを決めること。

 

” 望む自分 ” は、これです!!!

 

” 望む人生 ” は、これです!!!

 

って。

ただそれを待っている気がする。

だから、望む人生を心に決意して、はじめて人生が動き出すのかもしれないな、、、と感じます。

 

 

不運や嫌な出来事に
意識をむけたままで

なんで私ばっかり不幸なの?

なんで私の人生は足りないの?

なんで世の中不公平なの?

なんで神様は私に意地悪するの?

なんで???

なんで???

なんで???

と文句を言って
神様に答えを求め続けているうちは
絶対に答えてくれることはない。
絶対に現実がかわることはない。

 

と思うのは、、、、
実は、昔の私は、
なんで?なんで?と
不満だらけの文句だらけだったから。


で、そんな私の「なんで?」に
神様も現実もこたえてくれることはなかったから。

 

私たちがその問いに答えるまで、
神様からは問いが投げられ続けるだけなのかな、、、きっと。

 

 

 

最悪に見える出来事が最大のチャンス

最悪に見える出来事が
後々人生の転機になっていた
と感じることありませんか?

 

私自身も振り返ってみると
私を成長させてくれたり
私の人生を豊かにしてくれたのは
ツイてない苦しい、、、
そんな最悪に見える出来事のほうだったかも、、、???なんて感じるんです。

 

なかなか乗り越えられずに
苦労した親子関係も。

 

私のまわりの人間関係を
破滅的に壊そうとしたMさんも。

 

過ぎてみれば、
行くべき場所に行くための、
通過点でしかなかった。

 

神様から投げかけられる問いは
自分の答えを知るためのヒントで。


本当に手に入れたいものを知り、
本当の望んでいる人生の目的地を見つけるための、必要な一部分だったような気がするんですよね。

 

人生の道しるべにするために
感情というコンパスを持たせてくれている、、、ってどこかで読んだ覚えがあって、すごく心に残っています。

 

自分の感情をみつめて、
自分の望む人生へと舵をとる。
そのためにあるのかも、、、。

f:id:decobocode:20200522185530j:image

 

もしかして、生まれる前から決めていたのかも

生まれたときから得意なこととか。

生まれたときから恵まれている家庭環境とか。

 

逆に、
生まれたときから苦手なことも。

生まれたときから恵まれていない家庭環境も。

 

それって、
生まれたときの運・不運だけじゃないのかも?と思うこのごろ、、、。

この間から、星やホロスコープに興味を持っていて、調べてる間に、そのことも全部、生まれるときの自分の人生の地図(ホロスコープ)にはっきりと書かれていたから。

 

 

 もしかして、本当に「今世ではこんなこと経験したい!」って自分で決めてきてるのか???

 

私のホロスコープの天体はちょっと偏っていて、天秤座に5つも入ってます。
しかも太陽がほかの天体3つと重なっている。(トリプルコンジャンクション)

 

今まで生きてきて
生まれつき人より恵まれていると感じるところもいっぱいあって。
学生時代や独身時代はちょっと今じゃ信じられないくらいモテてたし。
先生とか、目上の人からはよくかわいがってもらえた。
外の世界では、わりと恵まれて生きやすかったのかも。

 

だけど、
生まれつき恵まれていないと感じる部分ももちろんあるわけで。
子どものころの家庭環境がかなり、かなり、私にとっては苦しかった。

自由がない。

理解されない。

心が満たされない。

自分が自分でいられない。

自分を認めてもらえない。

いつも押さえつけられて自分自身の評価をどんどん下げて、自分に自信なんてミジンコほどもなくなってしまった。

 

私の土星は
4ハウス蟹座にあって。
4ハウスは家庭や居場所をあらわす場所。

 

そこに、現実的な試練を与える土星があるってことは、生まれたときの家庭環境はかなり重く、まさに乗り越えるべき試練のような位置であるのです。

 

だけど、土星というのは、その試練を乗り越えた先にはおおきなご褒美を用意してくれているいる星。

 

4ハウス土星は、自分が自分らしくいられる場所をみつけて、どんな自分もそのままで愛されていると知ることができれば、その試練を乗り越えられる。そんな感じ、、、。(全くの、自分流星よみですが、、、)

 

結婚して。

母親になって。

子育ては幼いころの心の傷がチクリチクリと傷む、私が蓋してきた感情を呼び起こすことの連続で、、、
私の心のなかで、感情が ”積み木くずし” なみに大暴れした。

 

ふふふ。いい歳して嫁に行ってからの反抗期みたいな感じです。
そりゃぁ~もう、、、大変で。


何度も苦しい感情と向き合いながら、
自分理想の子育てをさがして
娘たちと一緒に、子どものころの自分も育てた?そんな感じ。

 

上の子が15歳なので、長〜い修行でしたね。

 

でも、娘たちのおかげで、子どものころに満たされなかった自分の心を満たすことができました。

気が付いたら、
子どものころに得られなかった
自分が自分らしくいられる家庭があった。
自分の安心できる居場所を作り上げてた。
欲しかったものを、ちゃんと手に入れていたときがつきました。
土星パワー♡ありがとう!

 

土星の試練があったおかげで、このいまの家族や居場所を得ることができて、それが私の幸せになり、土台になり、強みにもなっているとホロスコープをみてあらためて実感しています。

 

ちなみに、私のホロスコープからみた、乗り越えるテーマとか魂の傷をあらわすキロンとか、ことごとく幼少期の家庭環境にあるようす。

 

つまり、
私にとっては生まれ落ちたときの家庭環境や幼少期に作られた自分に、乗り越えるべき課題や試練がた~っぷりあったんだな~って。

 

私の魂の傷をあらわすキロンは1ハウス(自分のアイデンティティーにかかわる場所)にある。

 

そもそも、、、アイデンティティーの確立でつまずいている、、、ってこと???
めちゃめちゃ、思い当たるってば、、、。

しかも、1ハウスの180度の反対側にある7ハウス(社会とかかわる場所)が、キロンとオポジションというなかなか厳しい緊張関係にある。天体が5つも入っているのに、、、。

 

 

これって、社会とかかわっていくときにそのキロンの魂の傷がうずいてしまうってこと?

 

確かに、天秤座のくせに人間関係が苦手。本当の自分をなかなか出せない。気をつかう。疲れる。社会と関わるのもめんどくさくて苦手。目立つのもこわい、、、。

私の7ハウスのいいところが、私の天秤座に入っている輝くはずの天体が、、、キロンの傷でなかなか輝けないの???

 

やっぱり自分に自信がないのかな。少しずつ乗り越えてきたけれど、まだ課題は山積み、、、。

 

すこしずつ、自分のことがわかってきて、どんなことを望んでいるのか?とか、本当はまだ知らない自分が、キロンの陰にかくれているの???とか。知りたいことが山のよう!

 

今年の2月にAZさんに数秘鑑定をうけて。
アズさんに言ってもらったこと、、、すごくて、良いことすぎて、自分では自信がなくて、まだ受け入れられずに胸のなかにしまっていること。
そのことも、ホロスコープにしっかりと出ているんだな、、、。

ちょっと、そこを目指して自分を育てたいような気持ちになった。

もしかしたら、まだ何かの可能性を隠してるのかい?こわがりの私、、、?


もっと、自分を知って、自分を癒して、自分に自信をつけていきたいな、、、。

 

それと、面白いのが、キロンと天王星のオポジションは、自由がないとか、制限をかけられているって意味があるらしくて、、、、子供の頃の家庭環境😅あたってる笑笑

 

しかも、キロンと天王星オポジションは、ホロスコープや占星術に興味をもって、自分で読み解こうとする人が多いって、、、これもやっぱ、当たってます。
こわっ!!!

 

長々と最後まで読んでくれた方がいたら、ありがとうございます!ホロスコープの専門用語やら、自分の心の傷の話に話がそれまくって失礼しました〜💦

個人情報も心の声もダダ漏れ、、、たまにはそれもイイダロウ!!  (ペコパ風、、、)

KAKA