でこぼこーど

子育て・ adhd・老犬と暮らす主婦のブログ

真ん中っ子の説明書

f:id:decobocode:20190920155237j:image

真ん中っ子って、どんな印象?

頑固で、変わり者で、ひねくれ者。

こだわりが強くて、

単独行動も多くて、

周りに合わせたりしない。

世の中にどこか冷めた視点をもっている。

何を考えているかわからない。

自由に自分流で生きている。

なんか、ひとりで生きていけそう、、、。

 

 

どうでしょうか?

当たってますか??

いま、私の思いついた真ん中っ子の特徴と、

世間話や家族の話の中でよく耳にしたことのある、っ真ん中っ子の特徴をあげてみました。

 

 

私は三人姉妹の真ん中っ子

実は私も、真ん中っ子でした。

 

私も、家族からは『頑固で、ひねくれ者で、個性的、何を考えているのかわからない』と思われているはずです。

私だって、自分自身でそう思ってたんですから、、、。

 

 

真ん中っ子の私が、そんな性格になった理由はなんでしょう?

 

 

その理由に、気づくことなく大人になりました。

私はこんな性格なんだと思っていました。

 

こんなスタイルを身につけたのには、理由がある。

そう気がついたのは子育てをはじめてから。

 

子どもを産んで、はじめて親との関係や、姉妹との関係、『育ってきた家庭環境によってつくられた自分』が本当の自分ではないことに気がつきました。

 

 

 

環境でつくられる真ん中っ子の特徴

親子関係にすごくドライ。

何を考えてるかよくわからない。

ひとりでも大丈夫そうにみえる。

自由に自分のやりたいようにやっているようにみえる。

家を出てっても、ホームシックどころかめったに連絡もしてこない。

(あ、これは私の場合ですがね(-_-;))

 

でも本当は、

我が道をゆく自由人の真ん中っ子

なのではなく、

自分でなんとかするしかなかった。

 

なるべく親を困らせないように、

親に心配かけないように、

親の手を煩わせないように、

自己流でなんとか頑張った。

 

親に怒られている姉(兄)をみて、

姉(兄)のことで泣いている親をみて、

自分はわがまま言えなかった。

 

妹(弟)の世話で疲れている姿をみて、

素直に甘えることができなかった。

 

それだけのこと。

 

たしかにね、

真ん中っ子ってちょっとひねくれているとこがあると自覚してて。

 

斜に構えているというか、

ちょっと世の中に冷めている。

 

でも、それにもちゃんと理由があるんです。

聞いてくれます?

 

f:id:decobocode:20190920165607j:image

 

真ん中っ子がひねくれている理由

長男長女が親から期待されるプレッシャーの重さ、、、ってよく話題になるけれど、

 

まったく注目されない、

とにかく何も特別がない『真ん中っ子』の大変さってあまり知られていない気がする。

 

例えば、

真ん中っ子は生まれた時からこんなものを感じながら育つ。

1番目の子だけが優先される特別も、

末っ子だけが許される特別も、

真ん中っ子にはない。

親が感動するはじめても、

子育て最後の感慨も、

真ん中っ子にはない。

まっさらの洋服も、

ピカピカの自転車も、

アルバムいっぱいの写真も

真ん中っ子だけにはない。

はじめてわが子を腕に抱くときの感動も、

これが最後かなと感じながら小さな手を握る愛おしさも、

親と2人きりの時間も、

真ん中っ子にはない。

 

でもね、

それでひねちゃってるわけじゃないと思うんです。

 

本当に、こどもって優しくて、

お母さんが大好きで。

 

お母さんを喜ばせたくて、

お母さんを困らせたくなくて、

お母さんの手を煩わせたくなくて、

お母さんの疲れている姿も

お母さんの困っている姿も

お母さんの怒ってる姿も

お母さんの泣いてる姿も見たくなくて

 

優しさと思いやりで

自分の気持ちと言葉を飲み込んできた。

、、、はずだったんだけど。

 

小さい頃からそんなふうに繰り返していたから、

我慢していいることさえ忘れるくらい、

長い間そうしてきたから

なんでそうしてきたのか

自分の本当の気持ちなんて

自分でも忘れてしまってた。

 

 

我慢することに慣れすぎて、

その理由も、

自分がまんしてるってこともすっかり忘れてしまったんだけど。

 

無意識のどこかに、

抑え込んだ我慢と、苦しさと、苛立ちが少しづつ静かに積もっていった気がする。

 

何に対してかわからないけれど、

漠然と感じる不平感。

なんとなく、報われないような無力感。

理解されないという不満感。

 

そんなものが心の底にある。

そんな感じ、、、。

 

 

真ん中っ子への見方が変わった

自分がそのことを知って、

自分でなんとか乗り越えて。

 

それから、

身の回りの『真ん中っ子』の見え方が変わった。

 

娘の同級生にも真ん中っ子がたくさんいて。

みんな、しっかりしているようにみえるし、物分りがよくて。

あまり、固執せずに譲ることが多い。

グズグズと駄々こねしたりもしない。

どこか諦めてるような、冷めたかんじがある。

譲ったことも、諦めたことも、優しさも、

アピールしない。

押し付けない。

自分で決めたからそうしてる。って感じ。

もしかしたら、自分でそう思わないとやってらんないのかも、、、ね。

 

ただ、おとなしいいい子という感じではなくて、幼稚園や学校では主張することもあるし、やんちゃな一面もあったりする。

 

そうやって、自分の居場所を作ってる。

 

お母さんは、

やりやすい子と思ってたり、

ほっといてもあの子は大丈夫と思ってたり、

あんまり甘えてこなくて、なに考えてるか分からんって思ってたり。

冷めてる子なんだと思ってる。

 

 

真ん中っ子の癇癪があふれる時は、、、

たまに、我慢があふれて不機嫌になったり癇癪っぽいのが出ちゃうとき、

 

これっぽっちのことでグズグズ言わないで!

って思うみたい。

 

ふだんはあんまりグズグズ言わないもんね。

 

でも、その癇癪の理由は、これっぽっちじゃないんで!

 

いっぱいいっぱい、

積もり積もるくらいたくさんの我慢してるんで!!

 

いつも我慢してる子の、

やっとのことで言ってみた小さなこと。

 

それすら満たしてもらえない絶望!!!

って感じなのです。

(大げさ??)

 

ふだんは抑えてる分ね。

やっとお願いした少しのことを受け入れてもらえなかった時の絶望感半端ないですよ。

 

なんでも頼みごとする兄姉とか、

いつもわがまま言っても許される弟妹とか、

そんな中で、いつも我慢してる自分はこれっぽっちのたまにの我儘も聞いてもらえないのかよー!!って。

 

お母さんは、

いつもはこんなことでグズグズ言わんのに、

今日はなんで困らせるのよ!って感じていると思うんだけど。

 

 

お願い

それでなくても、

勝手にいっぱいがまんして抑え込んでるそんな子が多いので。

 

たまーに、小さな我儘とか、

いつも言わないようなちっちゃなお願いした時。

 

その時だけでいいから、

兄弟姉妹よりも優先して、

真ん中っ子のお願いを叶えてあげてね。

 

KAKA

にほんブログ村 子育てブログ 年の差兄弟・姉妹へにほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村