でこぼこーど

自己探求する主婦の子育てと愛犬介護の記録

受験生の親の心がまえ 親の気持ちは合格発表よりも前に伝えて!

もうすぐ公立高校入試ですね。

2年前に受験した娘がいます。

親の気持ちは、受験前に伝えておきたい話です。

 合格発表前にはどんな言葉もかけてほしくない

2年前に受験したうちの娘の話です。

 

 

うちの娘も、入試の日から発表の日まで、絶対合格してる気がする!と楽観してみたり‥‥

落ちてるかもしれんと不安になってみたり‥‥

 

 

高校生活を想像して、
スマホで調べながらウキウキ〜🥳‼️

‥‥かと思ったら‥‥

 

 

『合格してあんなに喜んでほっとしたのに夢やった!!!』と、泣きそうな顔で起きてきたり。(これ、発表前に2回もありました。)

 

 

本気で頑張ったぶんだけ不安にもなるし、心が動揺するのも当然のこと。

 

 

結果的には合格だったんだけど、、、。

 

 

実際に経験してみて思うのは

合格発表を待つ期間にかけられる言葉はなにもないってこと。

 

 

きっと合格してるよ、も、

落ちててもなんとかなるさ、も、

どちらも言われたくない言葉だから。

 

 

だって、本気で限界までがんばった相手にかけられる言葉なんて、お疲れ様以外にはなんにもないですよね。

 

 

私自身は、娘のように本気で高校受験に取り組まなかったし、塾に行かせてくれたり進学を応援してくれる家庭環境ではなかったんだけど。

 

 

社会人になって資格のために勉強して受験した時の経験が、自分の中の自信になったり、本気で向き合ったときだけに得られる達成感があるんだと知るきっかけになった。

 

 

試験結果が出る日までは本気で頑張ったぶんだけ不安だったし、絶対受かっているはずと思う気持ちと、もしも落ちていたらどうしようという気持ちとが、両方あって苦しかった。

 

 

自分でも不安定な気持ちを扱いきれなかった記憶です。

 

 

自分でもそんなんだから

あの時のわたしの心には

誰のどんな言葉も届かなかったと

よく覚えてる。

 

 

合格発表までの間は、「あんなに頑張ったから大丈夫!ぜったい合格してるよ!」と言われてもあんたに何がわかるの!もし落ちてたらどうするん?と腹が立つ。

 

 

「結果がどうか考えたところで意味がない。」とか「ダメでもまた来年があるやん。と言われても他人事やからそんなこと言えるんや!ってまた腹が立つ。

 

 

とにかくどんな言葉にも、私の気持ちの何がわかるの!!!とイライラしました。

(若かったからゆるして、、、、)

f:id:decobocode:20220305094323j:image

入試前日の娘に伝えたどの結果も最善だということ

私立高校受験の時も
公立高校受験の時も
わたしが伝えておきたい大切な気持ちは
入試の前日に娘に伝えました。

 


結果にかかわらず親の気持ちは一つだということを伝えておきたかったから。

 

 

入試が終わってからや合格発表の後じゃ、どんな言葉も届かないと思ったから。

 

 

伝えたのはこんなこと、、、

受験は、
試験問題との相性もあるし
試験当日のコンディションもある。
もちろん運だってある。

 

 

だから、結果に「絶対」はない。
努力をしても報われる保証はない。

 


だけど、
今までの頑張りと経験は無駄にはならない。
娘のこれまでの頑張りを尊敬してるし、ここまでやりきったことは、必ず人生の役にたつ。
こんなに頑張れたことが、これからの自信になる。

 


結果よりも、
全力でチャレンジしたこと誇りに思ってる。

 

 

だから、もうすでに親の望んでることはちゃんと達成してる。

 

 

どんな結果が出ても、

親に申し訳ないとか、

塾代を無駄にしたとか、

そんなことは一切思うことない。

 

 

どの高校に行くことになっても、

全力で楽しんでほしいし、

最善の未来につながってると信じてる。

 

 

あとは、自分を信じて!

リラックスして全力を出し切れるように祈ってるよ。と。

 

わかったような言葉をかけないことも優しさ

合格した時にはどんな言葉だって心に届く。

 

 

だけど、もしも望んだ結果が出なかったときには、きっとどんな言葉をかけても心には届かないから。

 


もし、不合格だった時も、その結果で人生がすべて決まってしまうわけじゃないって、本人だってきっとわかってる。

 

 

それでも、本気で頑張った子ほど、必ずショックをうけるし、落ち込むし、どんな言葉も届かずに心を閉ざすだろう。

 


そんな時には、何もわかったような言葉をかけないことも優しさなんだと思う。

 

 

慰められたくもない。

心配されたくもない。

励まされたくもない。

どんな言葉もきっと届かない。

 

 


時間がったって、少し心が落ち着きをとりもどしたら、その時に試験前に伝えた言葉の意味や気持ちを必ず受け取ってくれると思うから。

 

そのために、
大切な気持ちは入試前に伝えておいてあげてほしいなと思う。

 

それが、わたしの思う受験生の親の心構え。

E判定からB判定へ!中3冬から偏差値10 アップさせた娘 - でこぼこーど

KAKA

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

 

でこぼこーど - にほんブログ村