でこぼこーど

子育て・ adhd・老犬と暮らす主婦のブログ

教科書に載っているスイミーが深い。あらためて万引き家族に思いを馳せる

絵本のスイミーを読んだことがありますか?

私は、小学生の頃に読んだ記憶があります。

国語の授業で、、、、

昔から小学生の国語の教科書に採用されていたので、知らない人はいませんよね。

スイミーってこんなお話

レオ・レオニ作の絵本。

日本で訳したのは谷川俊太郎さん。

 

 

あらすじ

【kakaのザックリまとめでスミマセン】

スイミーはたくさんの兄弟と海の中に暮らす、小さな魚の子。

 

たくさんの兄弟たちはみんな赤い色をしていて、スイミーだけが、みんなと違う黒い色をしています。

 

ある日、兄弟たちが大きな魚に食べられて、独りぼっちになってしまいます。

 

独りぼっちになったスイミーは、海の中を旅します。

 

海の中には、今まで知らなかったものがたくさんありました。

世界は広いんだ。

世界ってキレイで、面白くって、楽しいと知ったスイミー。

 

ある日、兄弟たちにそっくりな赤い魚の群れに出会います。

 

一緒に遊ぼうと誘ったスイミー。

 

けれど、赤い魚たちは岩陰に隠れたまま出てきません。

赤い魚は言います。

海には危険がいっぱい。

隠れていないと、大きな魚に食べられちゃう。

 

スイミーはいいことを思いつきました。

みんなで一緒に泳いで、大きな魚のフリをしよう。

みんなで大きな群れになって泳ぐ練習をする魚たち。

そしてスイミーは言いました。

僕がみんなの目になるよ。と。

 

スイミーたちは、見事に自分たちよりも大きな魚を追いはらいます。

 

大人になったKAKAの感想は

小学生の頃、この物語は、団結して大きな魚をやっつけた、小さな魚たちの勇気と冒険の物語と思っていました。

 

もちろん、そのとおりなのですが、、、、。

 

大人になってから読むと、もっと大きなメッセージが込められているように感じたのです。

 

娘の教科書の音読の宿題で、もう一度読むこととなったスイミー。

こんなに深い話だったんだ〜、、、。

と、衝撃でした。

 

うまく言えませんが、、、

大人になってから読んでいないという人は、機会があれば読んでみてほしい一冊です。

 

スイミーを読んだ方は共感して!

余談ですが、、、

万引き家族という映画を見ましたか?

少し前に、この映画を見てめちゃめちゃ泣きました。

 

泣いてスッキリする涙ではなく、、、

やり場のないような、心の奥底にズッシリと重くのしかかるような、、、

とても大切な問題を、さあ!どうする?!と自分へ放り投げられたような、、、

色んな意味で、とても心に残る映画でした。

 

この映画の中にも、スイミーの物語が登場していたことを思い出しました。

 

映画の中で、あの男の子が繰り返し読んでいたスイミー。

そこにも強いメッセージが込められていたんだなぁ、、、。と。

 

ネタバレになるので、これ以上詳しくは書けませんが。

まだ、見ていない方には『ナンノコッチャ??』ですよね。

ごめんなさい。

 

見たよ!という方には伝わりましたよね!ね!

 

万引き家族

こちらからも見れますので、気になる方はぜひ。

翌日に目が腫れること間違いなしなので、休みの前日に見ることをオススメします。

目が腫れても、責任取れませんのであしからず!!!

 

 

KAKA

にほんブログ村 子育てブログ 年の差兄弟・姉妹へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村