でこぼこーど 凸凹のKAKA

子育て、じぶん育て、ときどきADHD、雑記ブログ

子育てのことMENU

七五三の写真撮影は前撮り別撮りするべし!おすすめ月は?衣装くらい自分で選ばせたって〜‼︎

七五三 撮影 前撮り

でこぼこーど凸凹のKAKA

七五三の写真は前撮りがオススメな理由

七五三のお参りは11月ですが、写真は前撮り別撮りするのがオススメです!

 

前撮り、別撮りオススメの理由は、

  1. 撮影とお参りを別の日にすることで、主役が飽きたり疲れたり、途中でぐずりだすのを避けられる!
  2. 写真スタジオの閑散期に前撮りや別撮りをすると、撮影料やサービスなどのお得なキャンペーンがある!!
  3. 写真スタジオの閑散期に前撮りや別撮りをすると、時間に余裕を持ってゆっくり撮影してもらえる!!
  4. とくに女の子は日焼けをする夏より前か、冬に撮影した方が、白肌で綺麗に写る!!

 

前撮り、別撮りオススメ月は?   写真スタジオがお得な閑散期。

写真スタジオが閑散期となるのは、撮影イベントの少ない月ですね。

6月〜9月と12月、2月あたりでしょう。

 

では、七五三撮影に最適な月はどこでしょう?

☆オススメは6月に前撮り☆

6月は、入園入学と5月のこどもの日が終わったあとの閑散期で狙い目です。

前撮りのお得なキャンペーンも多く、

夏まえで、日焼けの心配もありません。

七五三の撮影のために髪を伸ばしている女の子多いですよね。

6月に撮影を終えてしまえば、夏にはガマンせず髪を切ることもできますね。

 

☆女の子3歳なら、2月に後撮りがオススメ☆

2月がオススメな理由は、閑散期のほかにもうひとつ。

3歳の七五三は、生まれ月によってまだまだ差がある時期ですよね。

何度も着替える写真撮影は体力がもたずにいい笑顔がとれないことも考えられます。

撮影を2月の後撮りにするだけだで、かなりしっかりとして、お互いの負担が減りますよ。

 

☆12月に後撮り年賀状写真をお得にゲット☆

11月の七五三撮影の繁忙期が終わると、写真スタジオの混雑も1月までは落ち着くようです。

とくにお得なキャンペーンなどはないですが、頑張ればギリギリ年賀状用の写真に間に合わせることができるかも!受け取りまでの日数も写真スタジオによって違いがありますので、年賀状にも使いたいときは、しっかりと下調べしておきましょう!

 

経験者からのアドバイス!最高の笑顔を残すための注意!

ここからは経験者からのアドバイスです!!

綺麗な着物や、お姫様のようなドレスで写真を撮る七五三の撮影は、女の子にとっては最大のイベントですよね!

衣装選びにも気合が入るってもんです。

 

し・か・し・!!!

 

最高の笑顔を写真に納めたいなら、

まちがっても衣装選びには口出ししてはいけません!

着物にドレス、撮影料にアルバム作成と、七五三の撮影は最低でも6万からかかります。

こどものためにと頑張りますが、なかなか懐に大きな打撃、、、

親だって衣装選びに口出ししたくなるってもんですよね。

だけど、そこはぐっとガマンです!

 

女の子は、衣装選びに口出すべからず!

次女の七五三撮影でのこと。

ドレスに並々ならぬ思い入れと憧れのある次女。

ウキウキで出かけた撮影日。

私の選ぶドレスとムスメの着たいドレスの意見が合わなかったんです。

 

わたしから見たら、娘のイメージや似合う色と全然違うドレスを気に入ってしまったムスメ。

ママはこの色が似合うと思うねんけどなぁ、、、。

ママはこっちのドレスが大人っぽくて、イメージや似合うと思うねんけど、、、。

と、わたしの意見を言ってたら、

ピシャリと言われてしまいました。

 

『だけど、着るのはわたしやろ?

わたしの七五三なんやから、

好きなドレス選ばせてほしい!

ママには着物選ばせてあげるから!!』

 

はい。

ごもっともですね。

 

わたしは、素直に引き下がってムスメに任せることにしました。

 

満足する写真に必要不可欠なもの

ヘアメイクから、アクセサリーまで、とても楽しそうに選んで着替えているムスメは本当に楽しそうでした。

 

今回撮影をお願いしたスタジオは、個人スタジオで自然な笑顔を撮ってくれると評判のカメラマンさんで。

撮影中はこどもの気が散るので、子供から見えない場所でまつことになっています。

 

撮影中、とても楽しそうにキラキラの笑顔のムスメに、好きなドレスを選ばせてあげて正解だったと、嬉しくなりました。

撮影を待っている間、受付のかたとお話をしている時のこと。

「ムスメの選んだドレスにして正解でした!

自分に似合うドレスは、自分でよくわかってるのかも知れないですね。

着てみたら、本当によく似合っててかわいいわ〜!」

と言ったわたしに、

受付のおばさんが教えてくれた大切なお話があります。

 

カメラマンさんの裏話

実は、親子で衣装選びでモメることはとても多いのだそうです。

そんな時、ムスメさんの意見は通らず、

親の意見で衣装が決まってしまうことが多々あるのだとか。

 

ムスメさんが泣いてしまったり、

お母さんが怒って、

時間内に衣装を決められず、

別日に撮影を変更することも。

 

そして、親の意見で決められた衣装で撮影をする子の表情は、とても悲しそうだったり、無表情だったりで、、、

そうなると、腕のあるカメラマンさんでも、笑顔あふれる写真を撮ることは、難しいのだといいます。

 

子供がご機嫌のほうがお得な訳は?

裏話で驚いたことは、ひとりの撮影に何枚撮るかは決まってるわけではないということ。

 

だから、嬉しそうにニコニコしている子が相手だと、カメラマンも乗ってきて、どんどんいろんなポーズ、いろんなアングル、とたくさん撮ってしまうそうです。

 

逆に、無表情だったり、こどもが納得していないままの撮影になってしまうと、何枚撮っても同じような写真になってしまうので、最小限の枚数しかとらないことが多いのだと。

 

同じ金額なのにです!

 

もちろん、ノリノリだった我がムスメは、

ものすごい量の写真を撮ってもらってました。

 

そちらの写真館では、アルバムを作成すると写真データは撮影した全てがもらえることになっています。

総撮影枚数は多いときも少ないときもあるわけですから、たまに苦情がくるそうです。

 

〇〇さんのお子さんは〇〇枚もあるのに、

うちの子は〇〇枚しか写してもらってません!

同じ金額なのにおかしいでしょ???どうしてなんですか!!!

と。

 

理由、、、言えないですよね。気まずくて。

そうゆう訳らしいですよ。

 

というわけで、、、撮影の時に参考になれば幸いです!

KAKA