でこぼこーど

おうち大好き専業主婦の育児と犬とスピリチュアルの日常と時々イラスト♡自分らしさを思い出す人生の旅

子供とスマホデビュー 家庭内ルール決めてる?

スマホの家庭内ルール でこぼこーど

私たちの時代は、、、

私たちの子供の頃にはスマホ(携帯)なんてありませんでしたよね!

 

学生時代は、放課後に連絡を取るためにはみんな家の固定電話に電話をかけなくちゃいけなくて。電話をかける前にはドキドキ緊張したものです。

 

夜遅くに失礼します。〇〇さんと同じクラスのKAKAと申します。〇〇さんご在宅でしょうか?

 

あら?

 

みんなこんな感じでしたが、今見るとやたらと形式張っていて、子供らしくないですね笑笑

 

でも、そうやって電話での挨拶の仕方や取り継いでもらうときのマナーなどを覚えたものでした。

 

彼氏ができたり(彼女ができたり)しても、電話で話すには家にかけなくちゃいけなくて、、、。
「○時に電話かけるね!」って約束したら、親にバレないように、電話の前でスタンバイして鳴るか鳴らないかの秒速で受話器をとる‼︎笑笑

姉妹で、お互い彼氏がいると、電話取り合いです。大変な時代でしたよね。

 

もちろん、彼氏が出来たら親にもすぐバレます。

それが当たり前の時代でした。
なつかしい、、、

 

f:id:decobocode:20200403011737j:image

固定電話から携帯になりスマホへ

今では、街に公衆電話も見かけることはなくなり、固定電話のない家庭も増えてきているようです。

 

電話はひとり一台の時代になり、

さらにガラケーからスマートフォンへ。

 

スマホデビューも中学生から小学生へと時代は変わりつつあります。

 

周りの環境にもよるけれど、今はもう学校の部活の連絡もLINEが当たり前になってきて、スマホを持たせない という選択肢はなくなりつつあります。

 

スマホやネットとの付き合い方の怖さだけでなく、スマホを持たせないことでグループの輪に入れず孤立することもある、、、というのだから。

スマホの家庭内ルールは最初が肝心!

子供へスマホを持たせるときのルールはきめていますか?

何事も最初が肝心です。

 

スマホを買って欲しいときには、提案したルールも素直に受け入れてくれます。

 

けれど、一度スマホを持たせてしまってからでは、ルールを新しく作ったり守らせることはとてもハードルが高くなってしまいます。

 

だから、はじめのルール作りがとっても大切。

 

スマホをルールも決めずに子供に与えてしまったとしたら、途中からルールを認めさせるのは難しいですよ〜

 

だから、自分用のスマホを与えるときには、あらかじめ家庭内のルールを話し合ってから与えることをお勧めします。

 

子供は何が何でもスマホがほしい!と思っているので、スマホの家庭内ルールの話し合いにもスムーズに応じてくれるはずです。

 

 

我が家のスマホルール

我が家で決めたルールはこれ。

 

★スマホは自分の部屋に持ち込まず、

   リビングで使うこと。

 

LINEは、グループには参加しないこと。

 

スマホのロックを外すパスワードは
    共有しておくこと。

 

娘は、中学の3年間これを守り、トラブルはありませんでした。

(小学生の娘にはまだ持たせていません。)

 

 

f:id:decobocode:20200403015431j:image

スマホを自室に持ち込まないメリット

スマホを使い始めるとついつい時間感覚がなくなってしまうもの。

大人だってそうですよね。

スマホを自室に持ち込んでしまうと、ついつい触ってしまうことが増えて、スマホ依存になりやすい。

 

時間管理や、スマホを見ない時間を自分でコントロールすることはまだまだ難しい年代です。

 

眠る時に、ベッドでスマホを見始めると目が冴えて気がついたら2時3時、、、なんてことも耳にしますよ。

 

リビング限定仕様にしておくと、休憩時間とメリハリもつきおススメです。

 

 

LINEグループに入らないメリット

小学生や中学生がスマホを持ち出すと、必ずクラスLINEや、仲良しの友達のグループLINEができます。

 

クラスLINEには参加したい気持ちもわかるけど、、、

 

クラスLINEなど40名近くなると、夜中までLINEがなり続き、一晩で100件もの通知が来ることがあり、保護者の間でも問題となりました。

 

会話に出遅れたくない

既読や返信が遅くなると責められる

だれかの悪口大会がはじまり見たくなくても目に入る、、、
自分が標的にされるんじゃないかと怖くなる。

 

そんな風にして、スマホを片時も手放せなくなるようでした。

 

小学生・中学生では、大人数のグループを作ると、ほんとうに必ず誰かを誹謗中傷したり、いじめたり、退出させたりする子がでてくるんです。

 

子供たちも、疲れてしまうけど抜けられない。
そんな話もよく聞きました。

 

 

そんなときに、グループに入らないという親との約束がとても便利だったと娘が言ってました。

はじめに、グループに入らないと親と約束している という理由があれば、めんどくさいグループも全て断ることができます。

そんなわけで、我が子には後々とても感謝されることとなりました。

 

f:id:decobocode:20200403015630j:image

パスワード共有のメリット

これを聞いてビビった学生さんもいるのでは??

 

もちろん、メールやLINEの会話の内容を見ることはしませんのでご安心を!
ここで、こっそりスマホのチェックをしたり、会話の内容まで覗いてしまうと、一気に子供からの信用がなくなるので、最低限のプライバシーを守ること!
親もちゃんと約束守りましょ。

 

ただ、パスワードを親が知っておくメリットは、子供が何か問題に巻き込まれた時や、様子が変だ!と思った時に、ちゃんと守ってやれることにつながります。

 

何か問題に巻き込まれた時や、大きな困りごとを抱えている時に、親に心配をかけたくなくて話せない子は多いものです。

だから、

そんな時には、スマホの中を確認することがあるかもしれないよ。と話してあります。

 

あと、私はめんどくさがりなので携帯チェックとかしないタイプだけど、ほかの子のお母さんはメール内容まで全て見ている人もいるよ。

だから、誰に見られても困らない内容かどうかはよく考えてね、、、と伝えてビビらせてあります。(事実だけどね😝)

 

実際にみることはなくても、親が見ることがあるかもしれない というだけでも、たくさんのトラブルを回避する抑止力になると思うから。

 

 

最後に、途中で追加したルール

LINEの使い方で、1年前に追加したルールがあります。

 

それはステメの使い方。

 

私のような年代ではわざわざステータスメッセージをしょっちゅう変えたりはしませんよね。

 

学生さんはステメがコロコロ変わります。

そして、ステメに特定の誰かへの誹謗中傷を込めたメッセージを書く子がとっても多い。

 

今日あった嫌なこと書いたりとか、

ただ、「ほっとけよ。ほんとウザい。」とか「消えろ」とか。

書く子がいるんだよね。

 

このすご〜くマイナスのメッセージ。

読んだ不特定多数の人が『え?私のこと?』とか「あの子へのメッセージやわ」

とか深読みしてモヤモヤする。

 

それ、よっぽどムカつくことがあったのか、うちの娘が誰かへの文句のような一言書いてたことがあって。

それはやめてほしいとお願いました。

 

それからうちのLINEルールに取り入れてくれたのか、ちゃんと守ってくれてます。

 

ルールを守ってスマホと付き合っていくこと、親の目の届くうちに、ちゃんと身につけて欲しいなと思っています。

あと、困ったことに巻き込まれたら、いつでも相談してもらえる親でいたいなと思います。

 

こちらの記事もオススメ

 

www.decoboco.me

 

www.decoboco.me

※2019.06.28の記事を再編集したものです※

KAKA

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村