src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

でこぼこーど 凸凹のKAKA

年の差姉妹の子育て じぶん育て 大人adhdでhspな専業主婦KAKAの自分さがしと幸せへのみち

子供の門限決めてますか?我が家流の門限ルール紹介します。

子供の門限って、難しいですよね。

親ですから、心配するのは当然です。

帰宅時間が遅くなるほど、予期せぬトラブルに巻き込まれる危険も考えなくてはいけません。

 

だけど、子供にも友達づきあいや世界があって、そこは大切にしてあげたい。

 

そこで、我が家では、門限はその日その日で、娘と相談して決めることにしています。

 

というわけで、

 

今日は、我が家の門限ルールをご紹介します。

f:id:decobocode:20190722153454j:image

今の時代、中学生の門限は何時が普通?

小学生のうちは、周りもきっちりと門限を決めている家庭が多いですが、

中学生になると、門限がなかったっり遅くてもOKという家庭が身近でも増えました。

 

どこまでが今の世の中の、普通なの?

ということもわからず驚いたものです。

 

周りを見ていて思うことは、

普通はない!!!

笑笑

 

です。

本当に、各家庭それぞれなんだなと、、、、。

 

ただ、この地域では塾へ通う子がほとんどで、帰り時間は10時、10時半、、、、

家に着くのはもっと遅いという子もいるくらいです。

塾へ行かせていない我が家からしたら、こども同士で遊びに出かけてその時間に帰ってくるのはさすがにおそい、、、という感覚ですが、毎日、塾からの帰宅がそのくらいの時間だと、親の方も慣れるのか、とくに遅すぎるという感覚ではないみたい。

 

あと、私が今住んでいる町は、駅からの帰り道にコンビニが何件もあり、飲食店や、クリーニング屋さんやレンタルビデオ屋さんや、、、

とにかく、明るくて人目も多く、逆に安心できる町ともいえます。

 

私が学生の頃住んでいたところは、部活帰りに8時半の帰宅になっただけでも駅から街灯のない、家もない、人通りもないくらい道を通らなければ家には帰れませんでした。

 

今40代の私でもあの夜道を1人で歩くのは

コワイ!!!

そして、女性のひとり歩きは危険です。

 

門限というのは、年齢だけではなく、周りの住環境にも左右されるので、やはりひとまとめにここが標準と決められるものではないですよね。

 

私は、とても厳しすぎる家で育ったので、

娘の最低限の権利や自由や、友達同士の世界は壊したくないと思っています。

ただ、中学生を危険から守るのもまた、親の務めだと思っています。

 

そこで、我が家の門限〇〇時! とは、決めないことにしました。

 

 

我が家流の門限のメリット

その都度、出かける場所や、

出かける相手によって、

その日の門限を一緒に決めることにしています。

 

その都度門限を決めるメリットは、、、

  1. 行き先と、一緒に出かける人を、親が知っていることによって、安心も安全も得られる。
  2. 自分で考える力がつくこと。そして、説明したり説得したりする力がつくこと。
  3. 事前にその日の門限を決め得ておくことで、時間管理したり約束を守る経験になること。
  4. お互いの信頼関係を大切にできるということ。

 

いいことばかりです。

 

電車に乗るときには、今から帰るよと連絡を一本入れることになっています。

いつもより門限が遅い日には、駅へ迎えに行く約束をすることもできます。

 

厳しすぎる門限は逆効果になることがある

大勢で出かけた日に、自分だけ門限ではやく帰らないといけないって、すごく寂しいんです。

 

それに、1人で帰る方が危ない。

 

だからって、周りのみんなまで一緒に早く帰ってもらうのはとても肩身がせまい。

しだいに、友達と出かけることも面倒になります。

これ、わたしが学生時代に経験した嫌なことです。

 

 

守れないほど厳しいルールや門限でガチガチにしてしまうと、

子どもは自分の友達との世界を犠牲にするか、

親に反抗して悪い子になるかしかありません。

どちらも選びたくないですよね。

 

 

社会に出てからも、ガチガチのルールや門限で縛られ続けた私は、どうしても逃げたくなって、わざと門限破りを繰り返した時期がありました。

もう成人してからの話です。

 

信頼された子は自分を大切にする

私の学生時代の友達でも、親から信頼されていた子は、親が見ていなくても悲しませるようなことはしない、しっかりした子が多かった記憶です。

 

逆に、厳しく締め付けられていた子は、その中でなんとか親に反抗したいともがいてみたり、反発したり、怒られることは親に隠れてするように知恵をつけていくように思います。

 

ちゃんと信頼して、本人の判断にもまかせる余裕をもたせていると、信頼を裏切ったりしない裏切りたくないと思うのが子どもの心理なのかもしれません。

 

でも、信頼して任せることと、

ほったらかして放任することは、

また全くの別の話、、、。

 

ちょうどいいところは難しい。

それぞれの親子にとって、ちょうどよいところは、ちゃんと話し合って、理解し合って、信頼して見つけるものなのかなと感じています。

KAKA

にほんブログ村 子育てブログ 年の差兄弟・姉妹へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村