でこぼこーど

おうち大好き専業主婦の育児と犬とスピリチュアルの日常と時々イラスト♡自分らしさを思い出す人生の旅

【星の王子様】物語のはじまり

星の王子様について
私が感じた物語の世界を綴っています。

星の王子さまは100人100通りの解釈のある不思議な物語です。

 絵描きの夢をあきらめたわけ

六つのとき、原始林を書いた「ほんとうにあった話」という、本のなかで、すばらしい絵を見たことがあります。
それは、一ぴきのけものを、のみこもうとしている、ウワバミの絵でした。これが、その絵のうつしです。

f:id:decobocode:20200424181119j:image

その本には、「ウワバミというものは、そのえじきをかまずに、まるごと、ペロリとのみこむ。
すると、もう動けなくなって、半年のあいだ、ねむっているが、そのあいだに、のみこんだけものが、腹のなかでこなれるのである」と書いてありました。

星の王子さま(岩波少年文庫)サン=テグジュペリ,内藤濯

この本を読んで、ジャングルでどんなことが起こるんだろうと想像した子どものころの飛行士は、『ゾウをこなしているウワバミの絵』を描きあげました。

f:id:decobocode:20200424181144j:image

出典元:星の王子さま(岩波少年文庫)

鼻たかだかに、おとな達に見せてまわったけれど、その絵をゾウをのんだウワバミだとわかる大人はいませんでした。

 

そこで、こんどはウワバミの内側のゾウも描いて、おとなたちに見せたのですが、、、

f:id:decobocode:20200424181303j:image

出典元:星の王子さま(岩波少年文庫)

そんな役に立たないことはやめて、勉強をしなさい!といわれたのです。

そんなわけで、六歳のころに絵描きになる夢をあきらめたわけです。

 

そして、おとなたちに言われるままに、勉強をして、飛行士になったのでした。

原始林とウワバミ

冒頭ででてくる原始林とウワバミ(大蛇)、、、、。

なにか、本編ででてくる蛇のなぞと関係があるように感じるのですが、、、

飛行士の出会った大人たち

大人になり飛行士になって、たくさんの偉くって立派な大人たちとあきるほど近づきになり、すぐそばで大人たちの様子をみましたが、飛行士の考えは、子どものころとたいしてかわりませんでした。

 

物わかりのよさそうな人に出くわすたびに、いつも”ゾウをこなしているウワバミの絵”をみせて、ほんとうにもののわかる人かどうかためしてみたのですが、、、その絵をほんとうにわかる人はいませんでした。

 

飛行士が今まで出会った大人たちも、星の王子さまが出会ったおかしな大人たちと似ていますね。

 

そうすると、飛行士はウワバミの話も、原始林の話も、星の話もやめにして、本質の話ではない、その人のわかりそうなうわべの話をして大人たちに合わせてきたのでした。

そうすると、おとな達はたいそう満足そうでした。
飛行士は、そんな大人たちの中で暮らしていたので、六年前に飛行機がサハラ砂漠に不時着するまで、親身になって話す相手もまるきりみつからず、ひとりで暮らしてきたというのです。

 

星の王子様の世界1

 

砂漠へ不時着した飛行機

ぼくは、そんなわけで、六年まえ、飛行機がサハラ砂漠でパンクするまで、親身になって話をするあいてが、まるきり見つからずに、ひとりきりで暮らしてきました。
パンクというのは、飛行機のモーターが、どこかで故障をおこしたのです。
機関士も、乗客も、そばにいないので、ぼくは、むずかしい修理をひとりでやってのけようとしました。ぼくにとっては、生きるか死ぬかの問題でした。
一週間の飲み水が、あるかないくらいでした。

星の王子さま(岩波少年文庫)サン=テグジュペリ,内藤濯

 

作者のサン=テグジュペリは、実際に飛行機の操縦士で、砂漠へ不時着した経験があったそうなのです。この時の経験から構想を得て、この物語を書き上げたともいわれています。

 

けれど、
この物語に出てくる壊れた飛行機は、
本当に飛行機のことを指しているのでしょうか?

 

飛行機乗りが不時着した砂漠は、
本当にアフリカのサハラ砂漠のことを指しているのでしょうか?

 

私には、
故障した飛行機が
飛行士自身
のことを語っているように感じるのです。

 

飛行機とは

彼の肉体
魂の乗り物として
例えたもののように感じられるのです。

 

そして、
その飛行機のエンジン部分が不具合をおこして砂漠へと不時着した。

 

つまり、
人間のエンジン部分である心が不具合をおこして、もうこれ以上飛べなくなってしまった、、、。

 

ついには、
今までどおりの社会生活を送ることが
出来なくなってしまった。

 
何もない誰もいない
そんな砂漠のような場所に、飛行士の心は不時着したのではないかと。

 

 


とても孤独だと感じている。
難船したあげく、いかだにのって、大洋のまん中をただよっているひとより、もっともっと独りぼっちだったのです。

 

生きるか死ぬかの問題だったのです。

 


自分自身のエンジンの不具合がなんなのか?
心をどうやって修理すればいいのかわからなかったのです。

 

 

今まで社会生活を送ってきた自分に
そんな世界にどうすれば戻れるのか?
その帰り方もわからなかったのです。


自分のどこかでおこっている不具合が、何処なのか、何なのか、わからずに途方に暮れていたのです。

そして、
その孤独な世界で
不思議な男の子と出会ったのです。

 

コロナ自粛と星の王子さまの世界

今、どうしてこんなに星の王子さまの物語が気になるのか、、、。

 

何度も何度も読みたくなり
どうしても 
自分自身の感じた星の王子さまの世界を伝えたくなったのはなぜなのか?

 

不思議でした。
正直言うと
他の記事ほど反応もなく
誰からも求められていないこの記事´д` ;

 

それでも書いてきて、今(2020年4/22 に追記しています)やっとその理由が自分でわかりました。

このコロナウィルスによる世の中の変化で、自粛期間が強制的にやってきている今、そんなときにこそちゃんと知っておかなければいけない、伝えたいメッセージが星の王子さまの中に込められているからだったと。

 

と、言いながらまだ続きを全然公開できていませんが、、、。

 

星の王子さまが伝えている大切なメッセージは、

自分の心に耳を傾けて
自分の心に問いかけて

 

自分自身と対話する
そんな時間が大切だよと。

 

急ぎすぎたり
物質的な豊かさばかりを追い求めて、本当のの目的を忘れてしまっている私達に、立ち止って、魂と対話することの大切さを教えてくれている物語だからなのです。

 

長い自粛期間、、、ゆっくり自分の内側を見つめたり、気になっていた本をゆっくり読んだり、いままで忙しくてできなかったやりたかったことに、じっくりと向き合ってみるのもいいかもしれません。

 

 

本の紹介

星の王子さまは、長い人生の途中で立ち止まりたくなった時に、手に取ってみてほしい、、、そんな物語です。

 

迷ったとき
悩んだとき
立ち止まりたくなった時
優しく寄り添ってくれる物語です。

 

きっと、自分だけの星の王子さまの物語が見つかると思います。

 

www.decoboco.me

 

本の紹介

★長く親しまれてきた内藤 濯さん翻訳の星の王子さま★

★河野万里子さんの翻訳もとても好きです★

KAKA